トップ > RFgenとは?

RFgenとは

RFgenとは

RFgen1

サプライチェーンマネジメントが盛んにうたわれるようになった昨今、
リアルタイムに在庫管理を行える無線ハンディターミナルシステムの重要性が
非常に高まっています。


流通、サービス、在庫管理etc.…


さまざまなシーンで活用されている無線ハンディターミナル。
全体で何十台、何百台のハンディターミナルを活用している企業様も
多いのではないでしょうか。
もし、それら端末の一つ一つについて コスト削減、業務効率化ができるとしたら、
そのメリットは計り知れません。


それを実現するのがミドルウェア「RFgen」です。
流通と製造ソリューションの米国DataMax社が開発し、
既に世界2000社、2800サイトで導入実績があります。


まさに無線(R/F) 時代(generation)を革新するミドルウェアなのです。

RFgen特長

倉庫や工場でハンディターミナルを使用する場合、 お客様の業務に見合った機器(ハードウェア)と アプリケーション(ソフトウェア)が 必要になります。
RFgenは お客様が使用するハンディターミナルのアプリケーション(ソフトウェア)を 一般的なプログラム言語で簡単に 作成できます。 また円滑にハンディターミナルを使用する為の、 セッション管理機能や リモートメンテナンス機能もついてます。

無線の知識がなくても開発が行えます

開発画像

簡単なマウス操作でハンディターミナルの画面を作成できます。

特別な処理を行う場合は、VBAでプログラムを記述します。






様々なデータベースと接続可能

DB接続

ODBC の設定を行うだけで、既にお使いのDB2 、SQL Server 、Oracle 、Access など多くのデータベースと接続する事ができます。







開発が簡単

開発が簡単

開発言語に汎用性の高いVBAを採用していますので、 簡単にハンディターミナルのアプリケーションが作成できます。 トランザクション制御、プリンタ制御等も行えます。







テストも楽々

テストも楽々

プログラムのテスト(デバッグ)がPC上で行えます。 これにより、端末一つ一つをテストする手間が省けます。








高い汎用性

テストも楽々

日本語VTエミュレータおよびCE.NET、 Pocket PCが搭載される無線ターミナルに対して同じアプリケーション・ソフトウェアで動きます。(画面設計だけ変更)各ハード毎に開発する手間が省けます。







無線範囲外にでたときも、セッションが保持されます。

無線範囲外

ハンディターミナル毎のセッション情報を保持していますので、 ハンディターミナルをご使用中に電波のカバーエリアから出た場合や 電池交換を行ったときでも継続して作業を行うことができます。 ⇒業務の効率が上がります







リモート・メンテナンス

リモート・メンテナンス

サーバーから、ハンディターミナルの情報を監視する事ができますので、 トラブルが発生した場合でもすぐに原因を突き止める事ができます。 また、サーバーのアプリケーションを入れ替えるだけで、 現場では最新のアプリケーションをご使用頂けます。





大幅なコスト削減

専門的な技術者を必要とせず、開発工数を削減できるため
新たに開発した場合よりコストが削減されます。


比較画像

業務の効率UP!

セッション管理、リモートメンテナンスが行えるので、業務の効率が向上します。


試用、テストは無料です

当WebサイトではRFgenをご利用頂けるサンプルプログラムを 無料で提供しております。
御希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせ内容に「RFgenサンプルプログラム」希望と明記の上、お問い合わせくださいますようお願いいたします。 まずは、ご自由にお試しください。


お問合せ先  »